「#タトゥー除去」を望まれる方の中には、「できるだけキレイにタトゥーを除去したい」。そう願う方が多いと思います。
ジョウクリニックでご提供するタトゥー除去には、「Qスイッチヤグレーザー」と「切開切除」の2つの方法がありますが、
長さ5センチまでのタトゥーなら、たった1回の治療で除去可能。跡が残らずきれいに消せるので、
刺青にお悩みの方にぜひおすすめです。

お問い合わせ☜こちらから

 

#タトゥー・#イレズミ・#アートメイク除去治療を大阪・姫路・松山・高知・沖縄でお考えならジョウクリニック

タトゥー・イレズミ除去治療はこんな方にお勧めします
ジョウクリニックが行っている、タトゥー・イレズミ除去治療について
4つの特徴
ジョウクリニック独自のタトゥー・イレズミ除去治療について

治療方法において、当院と他院で大きく異なる点が、次の3点です。

当院と他院で大きく異なる点1.サイズが大きかったり多色のタトゥー・イレズミも治療可能
当院と他院で大きく異なる点2.深い層まで色素が達している、レーザーでは非常に困難なものも治療可能
当院と他院で大きく異なる点3.傷跡が目立たない特殊な切開切除技術、皮膚縫合技術がある

特に上記の2に関しましては、「他院で治療しているが、どうしても色が残って完治できない」と最近非常に多くお問い合わせを頂いておりますので、ここで詳しくご説明させていただきます。

イレズミがレーザーで取れにくい(残る)のは、「色素が深くまで入っているため」

レーザーで取れるケース(素人が入れたものやアートメイク等に多いタイプ) レーザーで取れるケース(素人が入れたものやアートメイク等に多いタイプ)

レーザーで取れるケース左の図のように、レーザーが届く範囲内に色素がある場合

まだらに残ってしまうケース まだらに残ってしまうケース

部分的に深くまで入り込んでいるケース色素が均一ではなく、部分的に深くまで入り込んでいるケース。
深層に入ってしまった色素が、レーザーで取りきれずに残ってしまう。

薄くはなるが形がそのまま残っているケース(ガッツリタイプ) 薄くはなるが形がそのまま残っているケース(ガッツリタイプ)

薄くはなるが形がそのまま残っているケース色素が全体的に深層へ達しているために生じるケース。
レーザーに対する反応は良いが、治療可能な深さを超えているために取りきれずに残ってしまう。
(理論上、何度治療してもレーザーでは取りきれないタイプです)

ジョウクリニックでは、上記の②、③に対応できる様、次にご説明するオリジナル治療を行っております。

ジョウクリニックのオリジナル治療Step 1
表面麻酔をかける

Step 2
特殊レーザーで皮膚に細かな穴を多数あける。
(深層の色素へイレズミ除去レーザー光が届くようにするため)

Step 3
イレズミ除去レーザーを照射
皮膚の厚みが減り、深層の色素へレーザーが到達し除去できる。

注)この方法でも除去が難しい場合がございます(全体の約10%程度)。
その場合は皮膚切除もしくはタトゥアウェイ治療という最新治療を行います。

当院のタトゥー・イレズミ除去治療 症例のご紹介

当院ではこのような方々が悩みに悩まれ、数多く治療をされております。

  • 結婚が決まった、結婚した
  • 就職、転職をする
  • 職場でタトゥー・イレズミ禁止令が出された
  • 妊娠した、子供が産まれた、子供の将来のため
  • 公共施設で入れない場合があって困った
  • 飽きてしまった
  • 恋人の名前を入れていたが、別れたので消したくなった
  • 年齢が上がり派手すぎると感じた、恥ずかしくなった

カウンセリング時に、施術方法、回数など医師としっかり計画を立てて頂きます。
施術によっては、カウンセリング後、そのまま施術を行う事も可能です。

 ジョウクリニックドクターからのコメント

当院は関西で一番最初にイレズミ除去治療をはじめたクリニックで、これまでの10年間で非常に多くの方々のイレズミやタトゥ除去治療を行ってきました。

治療方法も皮膚切開切除、レーザー治療、また最近開発された「タトゥアウェイ」による治療も行っており、これらを組み合わせることで、他院で除去できないイレズミやタトゥも当院であれば治療できる可能性がございます。
断られたりしてもあきらめずに、お気軽にご相談ください。