1日目から効果を実感!話題の英会話教材【プライムイングリッシュ】

================================
60日後、英語が自然に浮かぶ自分に驚き、
6ヶ月後、英語が口から溢れる自分に震えます。
結果にコミットする英会話教材「プライムイングリッシュ」



================================

こんなにいろいろ勉強しているのに、全く英語が話せない。全然勉強してなさそうな友達が外国人とペラペラ話しているのを見て、正直悔しい…。

あなたには、このような経験はないですか?

「もともと英語は得意じゃないし、今の勉強方法は自分には合わないのかもしれない」
「もっと画期的な教材なら、英語をマスターできるかも…」
「ビジネスでは英語が必須と言われたからなんとなく勉強しているけど、やめてしまおうかな…」

もしあなたがこのようなことを繰り返しているのなら、
英語の勉強について「根本的な間違い」を犯している可能性があります。

努力していないわけじゃないのに、何年たっても全く英語が上達しないのは、自分に英語の「才能」と「センス」がないからだ。

そのような思いを抱いているかもしれませんが、実はご自身の「才能」や「センス」が問題なのではありません。

★☆お問い合わせ⇐こちらから☆★

聞き流すだけの手軽な学習方法は、『遠回り』です。

誰もが正しい方法で正しいことを実践すれば、英語を必ず話せるようになります。
言いかえれば、間違ったポイントでどれほど努力をしても、望むような結果は得られません。

英語の教材は巷にあふれかえっており、中には「楽に聞き流すだけで」「短期間で」英語がペラペラになるといったキャッチフレーズの教材もあるでしょう。

正直に言いますが、「聞き流すだけ」では絶対に英語を話せるようにはなりません。

聞き流すだけで話せるようになった人の体験談を読めば、「自分でもできるかもしれない!」とその気になるかもしれません。しかし、おそらくその人は、英会話スクールや他の教材でスピーキングの経験がある人か、職場環境やプライベートで英語を使う機会がある人でしょう。

考えてみてください。
あなたがスポーツや楽器を学ぶとき、上手な人を「見ているだけ」「聴いているだけ」の状態を繰り返すだけで、上達するでしょうか。上手な人に、上達するための重要ポイントを教えてもらい、自ら反復練習することで上手くなっていくはずです。

つまり、英語の上達のコツも知らずに、ただひたすら英語を聞き流すだけでは、自然に話せるようにはなりません。
一見楽に見える学習方法は、実は上達するには遠回りの方法なのです。

では、実際に英語が話せるようになるコツとは何なのでしょうか?

確かに話せるようになるには英語を聞くことは大切です。
ただし、リスニングを効果あるものにするには、ある「ルール」を知る必要があります。

★☆お問い合わせ⇐こちらから☆★

何百回聞いても分からなかった単語が、たった1回で聞き取れるようになる方法がある

その原因は、ズバリ『音声変化』です。

あなたが日本語を話すとき、教科書的な発音で話しているでしょうか。

例えば「体育」を「たいく」と話したり、「いいのではないか」を「いいんじゃないか」と話したり、無意識に言葉を変えて発音していると思います。このようなことは英語にも起こります。

これが、『音声変化』です。

英語では、大きく「音の連結」、「音の脱落」、「音の同化」といった音声変化が挙げられます。
これ以外にも、フレーズによってその他様々な現象が起こります。

例えば「Stop it」
これを「ストップイット」ではなく「スタピット」と発音したり、「next day」を「ネクストディ」ではなく、「ネクスディ」と発音したり、会話の中に音声変化された単語やフレーズが出てくると、簡単な英語でも全く別の言葉に聞こえてしまうのです。

教科書の発音通りに単語を覚えても、リスニングが全くレベルアップしないのは仕方がないことです。

そういわれてしまうと、どうやってリスニングを上達させればいいか難しく感じるかもしれませんが、『音声変化』にもパターン化できる「ルール」があります。そして、あなたが『音声変化』のルールを知ってしまえば、今まで全く聞き取れなかったのがウソじゃないか、というほどスーっと英語が聞き取れるようになってしまうのです。

あなたが、何年たっても英語が聞き取れないのは、あなたの才能やセンスが悪いのではありません。
『音声変化』のルールを知らなかっただけなのです。

『音声変化』のルールを理解すれば、6ヶ月後には英語が口から溢れ出します

『音声変化』のルールを知ることで、苦手だったリスニングのスキルが一気に飛躍した人がたくさんいます。

『音声変化』のルールを知ることで、苦手だったリスニングのスキルが一気に飛躍した人がたくさんいます。

彼らの飛躍的な変化を目のあたりにすると、『音声変化』を教えてくれないことは、日本の英語教育の最大の欠陥だと思えるほどです。加えて、一般的な英語教材は、一部の専門的な教材を除いて『音声変化』について全く説明していないのです。あなたにはぜひ、この『音声変化』のルールを知ってもらいたいです。

プライムイングリッシュは、リスニングで最も重要ともいえる『音声変化』を重点的に学習します。

具体的に説明しますと、プライムイングリッシュのテキストでは、『音声変化』を効率よく学ぶために以下の工夫がされています。

★☆お問い合わせ⇐こちらから☆★

『音声変化』を効率よく学ぶための工夫

音声変化する箇所を「記号・色付け・発音表記・カタカナ表記」しています。

これにより、音声変化に触れるのが初めての方でも、どこがどのように音声変化しているのか瞬時に理解できます。また、カタカナ表記により、音声変化した発音を自分で真似ることも簡単にできます。

機械式ではなくスローモーションで吹き込んだ英語音声を用意しています。

これにより、ネイティブがどのように発音しているのかが細部まで丸わかりになります。今までごちゃごちゃした音声の塊にしか聞こえなかった英文が、短期間でクリアに聞こえるようになります。
スローモーションの音声が吹き込まれているのは、日本の英語教材ではプライムイングリッシュだけです。

そして、ここが大切なのですが、英語を話せるようになるためにリスニングしたものをスピーキングで実際にあなたにアウトプットしてもらいます。

なぜなら、アウトプット練習していないフレーズは、決して口から出てきません。
魔法のような方法を知ったとしても、聞き流すだけの学習では、絶対には英語を話せるようにならないのです。

プライムイングリッシュでは、リスニング以上にスピーキングのトレーニングを重視しています。口から自然に英語が溢れ出す状態になるために、何度も繰り返しスピーキング練習してもらいます。

リスニングのコツを覚えれば、聞いて真似するスピーキングも一気に楽になります。
そして、正しい方法でスピーキングを繰り返し練習すれば、誰でも必ず英語を話せるようになるのです。

あなたは『音声変化』のルールを知ることで、リスニングとスピーキングの相乗効果を経験することができるでしょう。

あなたに結果をコミットする!!学習スピードが10倍速になるPRIME ENGLISHの『5つの秘密』

プライムイングリッシュは、初心者から何度も英会話にチャレンジした経験者まで、誰でも結果を出してもらうことをミッションとしています。

そのため、英語が苦手な人でも無理なく英語が話せるようになるように、また効率的に学習できるように、ベストな方法をプログラムしています。

その結果が形となったものが、次からお伝えする「5つの秘密」です。

プライムイングリッシュは、あなたに能動的に『参加』してもらいます代わりに、結果をコミットします

もうお分かりでしょうが、英語だけが、楽に簡単にマスターできる魔法のような方法があるというのは、幻想です。

ですが、要領を押さえて正しい方法でコツコツと継続的に勉強すれば、誰でもすぐに手ごたえを感じることができるものです。プライムイングリッシュを使って毎日たった30分、教材に沿って学習していくと…

60日後には英語が自然に浮かぶ自分に驚き、6ヶ月後には英語が口から溢れる自分に震えます。

高いお金をかけて英会話スクールに通ったり、特別な英語教材を購入する必要はもうありません。語学を習得するために最も効率的なステップをふめば、数か月で英語を自然にスラスラと話すことは可能です。「30日後には英語がペラペラになっている」といった方法のほうが魅力的に感じるかも知れません。ですが、この方法で身につく英語は、旅行英語のような初歩的なレベルの可能性が高いです。

プライムイングリッシュが提唱する「毎日30分を6ヶ月」は、あなたに少し覚悟を要求するかもしれませんが、得られる価値は30日間の勉強とは比較にならないレベルです。プライムイングリッシュのゴールは、英語の細かいニュアンスも含めて、英語の文脈を理解しながらにスラスラと会話することです。

これを、6ヶ月間で達成できるとあなたにコミットします。

今まであきらめかけていた英語を自由自在に話せるようになれば、人生が変わると思いませんか?